磁気ロッド写真

マグネティック・ロッドとは?完全ガイド

磁気棒は、多くの産業で応用されている非常に便利な装置です。プロフェッショナルとして 磁気ロッド そこで私は、磁気棒とは何か、どのように機能し、何に使われるのか、磁気棒について深く掘り下げてみることにした。

磁気ロッド写真

マグネティック・ロッドとは?

マグネティック・ロッド(マグネティック・バーと呼ばれることもある)は、工業用途で液体、粉体、その他の材料から微細な磁性粒子や不純物をろ過するために使用される強力な円筒形磁石である。

ネオジム(NdFeB)やサマリウムコバルト(SmCo)のような強力な永久磁石材料から作られた磁気ロッドは、その表面に高い磁場を発生させ、製品が周囲を流れる際に鉄系汚染物質を引き寄せます。これにより、5~25ミクロンの非常に微細な鉄粒子を効率的に分離・除去することができます。

磁気棒の仕組み

マグネット・ロッドは、非磁性ステンレス・スチール・シェルの内側にスリーブされた強固な内磁性コア(磁石そのもの)で構成されている。シェルは脆い磁石を損傷から守ると同時に、磁場を外側に集中させる。

製品がロッドの周囲を流れるとき、その表面から発せられる強力な磁場が鉄分を引き寄せ、懸濁液から引き出してロッドの外側に付着させます。これにより、下流の工程や包装の前に、製品から金属片を取り除くことができる。

磁性棒の分離能力を可能にする主な要因は以下の通りである:

  • 高い表面電界強度 - ガウスまたはテスラで測定されるロッドの磁場密度は、どのサイズの粒子を捕獲できるかを決定する。12,000ガウス以上の磁場強度が典型的です。
  • 磁気勾配 - ロッド表面から数ミリの範囲で磁気吸引力が急激に低下すること。この勾配により、微粒子を流れから引き離すことができる。
  • マテリアル・フロー・ダイナミクス - ロッド周辺の十分な製品流速と乱流が、磁気撹拌と混合によって汚染物質を捕捉ゾーンに運び込む。

磁力グレードとフローパラメーターを適切に選択することで、ロッドは非常に小さな鉄粒子を除去し、製品の純度を向上させ、機械の摩耗や最終製品の欠陥を防ぐことができます。

磁気棒の用途

磁気棒は非常に汎用性が高く、プロセス機器の保護、製品品質の確保、再利用可能な材料の回収など、多くの産業で使用されています。

代表的な用途は以下の通り:

  • 食品/飲料加工 - 機械の損傷や食品汚染を防ぐため、液体や粉体から金属片を取り除く。
  • プラスチック製造 - 押出/成形部品の欠陥の原因となる、樹脂やペレットの流れに含まれる鉄粒子を除去する。
  • 医薬品 - 鉄コンタミを除去することで、装置を保護し、製品の純度を向上させる。
  • 石炭ハンドリング - 重量物によって裂かれたベルトコンベアの鉄片を回収。
  • 鉱物処理 - 衝撃・圧縮装置の故障を防ぐため、破砕した鉱石から「不純鉄」の破片を回収する。
  • リサイクル - スチール缶と容器の分離 非鉄材料 効率的な材料分離のために。
  • 浄水器 - 供給ラインから鉄腐食生成物や処理薬品を除去する。

基本的に、金属摩耗が発生する、または鉄分を含む材料を扱うあらゆるプロセスストリームは、問題となる鉄汚染を抽出するインライン磁気ロッドの恩恵を受けることができます。

マグネティック・ロッド構造

コンセプトはシンプルだが、厳しい産業環境に耐える磁気フィルターロッドを作るには、特殊な構造が必要だ。

主な設計要素は以下の通り:

永久磁石コア

グレードN42以上の焼結ネオジム磁石は、ほとんどの用途で最高の磁気性能を発揮します。また、鋳造SmCo磁石は、必要な場合に耐熱性を向上させます。

軸方向磁化は、ロッドの長さに沿って磁極を整列させ、保持力を最大にします。ラジアル磁化は、特殊な捕獲要件にも対応可能です。

保護シェル

非磁性ステンレス鋼チューブは、磁界を外側に集中させながら、もろい磁性材料を含有している。一般的なグレードは、耐食性に優れた304および316ステンレス鋼である。

エンドクロージャー

エンドキャップはシェルを密閉し、内部の酸化と腐食を防ぎます。溶接、ねじ切り、フランジのオプションがあります。特殊素材やメッキは、厳しい環境下でろ過される製品からの化学的攻撃に耐えます。

中央取り付けプレート

磁石ブロックが並べられた内部鋼板は、より大きな磁場強度が必要な場合に、大径ロッドや磁石間の広い間隔を可能にする。取り付けプレートには、特殊な用途のために磁場を「形作る」ための部分的なカットが組み込まれている場合があります。

表面処理

無電解ニッケルやその他のメッキは、硬度と潤滑性を提供し、時間の経過とともにロッドに製品が蓄積するのを防ぎます。また、PTFEコーティングを施すことにより、ノンスティック性能を得ることができます。

認証

食品、医療、厳格な工業プロセス用の磁気棒は、適正製造基準(GMP)に従って製造され、3-A衛生基準社(SSI)の承認を受けることができます。

正しい磁気棒の選択

ネオジム磁石ロッドには、さまざまなプロセスニーズや環境に対応できるよう、直径、長さ、磁場強度グレードがあり、最適な設計を選択するには慎重な検討が必要です。

主な仕様は以下の通り:

サイズ

  • 直径 - 一般的に0.5~4インチで、パイプラインやシュートの寸法に適合する。
  • 長さ - 通常4~60インチ。長いロッドは、フローエリア全体に渡る大きな断面に適している。

磁力

  • 表面磁場強度 - 使用する磁石のグレードに関連し、分離目標にスケーリングされる。最低~4500ガウス、最大15,000ガウス以上が可能。

素材の選択

  • ロッドとエンドキャップ - 製品への曝露に耐えるステンレス鋼または特殊合金。
  • コーティング/メッキ - 硬度、潤滑性、耐侵食性を高める。

環境

  • 温度 - ~150℃まで動作可能。
  • 耐薬品性 - シェルとシール材の適合性。

認証の必要性

  • 3-A衛生基準適合 - 食品/飲料接触用途向け。
  • ATEX 準拠 - 可燃性/爆発性環境用。

慎重な磁性棒の選択により、上記のすべての要素をお客様の特定のプロセスに適合させることで、信頼性の高い分離性能、長い耐用年数、および磁場強度能力の効率的な使用が保証されます。

評判の良い磁性棒のサプライヤーは、お客様のニーズに合わせたカスタムユニットを製造する前に、サイズや材料の選択について協力するための幅広い専門知識を持っています。

マグネット・ロッドの取り付け

一度設計すれば、液体、粉体、バルク固形物をろ過するために必要な場所に、垂直、水平、斜めにマグネットロッドを設置することができる。

典型的な設置場所は以下の通り:

プロセス配管

標準的または特別に取り付けられたパイプラインに挿入されたロッドは、磁気捕捉ゾーンを横切って汚染をもたらすために、流れる製品輸送を利用する。

ハウジング/チャンバー

複数の長いロッドが配列された大型の磁性ロッドアセンブリーがチャンバーに設置され、ポンプで送られた製品がロッドバンドルを横切って分離される。

ダクト

シュート、ダクト、またはエアスライドに配置されたロッドが、重力で送られてくる原料の流れをろ過します。千鳥配置により、ロッド間のバイパスや漏れを防ぎます。

コンベア搬送ポイント

コンパクトなマグネットロッドは、ベルトからベルトへの製品落下ゾーンの近くに埋め込み、二次処理やハンドリング段階の前に金属くずを抽出します。

理想的には、重要な処理装置や汚染物質の影響を受けやすい材料処理ゾーンのすぐ上流にマグネットロッドを設置し、製品がこれらの領域に到達する前に、フローから鉄くずを除去します。

磁性棒の効率維持

磁気棒はほとんどメンテナンスが必要ない受動的な装置であるが、その分離性能は、長年にわたって最適な効率で使用するためのいくつかの重要な要因に依存する。

これらには以下が含まれる:

堆積物の加工硬化の防止 - ブラシオフ、ワイパー、または自動機械式クリーナーは、捕獲されたゴミの圧縮された層が再び磁化するのを防ぐ。これらは、蓄積されたままにしておくと、ロッドの磁場強度と捕捉効率を低下させる可能性がある。

腐食/侵食のモニタリング - ケミカル・アタックや摩耗によるロッド表面の漸進的な損傷は避けられないが、漏れや破損が発生する前にユニットを交換できるよう、チェックする必要がある。

失われた磁気の補充 - 強力なネオジム磁性体ロッドは、適切なサイズであれば減磁による強度低下はごくわずかです。しかし、弱いフェライト・セラミック・ロッドは、最高の性能を回復するために数年ごとに[{再着磁}]が必要になる場合があります。

製品の純度の検証 - ラボ分析またはインライン汚染検出による定期的な純度チェックを下流で行い、目標純度レベルが維持されていることを確認し、低下した場合はロッド交換のトリガーとする。

製品フローダイナミクスの確認 - 原料の供給量、粘度、密度、流路を変更すると、乱流と磁気混合が減少し、小さな破片がロッドをすり抜ける可能性がある。分離効率を維持するために、プロセスの調整が必要になる場合があります。

結論として

工業用磁気フィルターロッドは、汚染物質のハウスキーピングを適切に行い、若干の整備を行うことで、多くの重要なプロセスや製品の流れにおいて、危険な鉄系粒子や不要な鉄系粒子から非常に信頼性の高い包括的な保護を提供します。その卓越した分離効率、磁場強度、耐腐食性により、何十年にもわたって多目的に使用できる安全装置となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

jaJapanese
トップに戻る

お問い合わせ

お問い合わせフォームデモ