マグネットロッドの用途

磁気棒は何に使うのか?完全ガイド

磁気棒は、磁気チューブや円筒形磁石とも呼ばれ、微粉末をろ過したり、液体から金属汚染物を分離したりするために、さまざまな産業で使用されている万能ツールです。しかし、磁気棒は一体何に使われるのでしょうか?

この包括的なガイドでは、プロフェッショナルとして 磁気ロッドメーカーここでは、磁気ロッドの主な用途と使用方法について説明し、この技術がお客様のビジネスにどのようなメリットをもたらすかを理解していただきます。

マグネットロッドの用途

マグネティック・ロッドとは?

マグネティック・ロッドは、ステンレス・スチール・チューブに収められた強力な円筒形磁石で構成されている。強力な磁場を発生させ、その中や周囲を通過する物質から鉄粒子を引き寄せて捕獲する。

磁気ロッド図
  • 内側 磁性体コア でできた磁石ブロックが入っている。 ネオジムサマリウムコバルト、またはフェライト/セラミック。
  • 外側のステンレススチール 外装 マグネットを保護し、簡単にクリーニングできる。
  • 抵抗の少ない滑らかな外装で、パイプラインに直接取り付けることができる。

標準的な直径は10mmから50mmで、長さは数インチから数フィートまで、要件に応じて選択できます。磁石の種類と強さの選択は、必要な使用温度、捕捉する粒子径、物質の流量などの要因によって決まります。

それでは、この多用途技術の多様な産業・商業用途を探ってみよう。

磁気棒は何のために使用されるか:主な用途と使用例

マグネットロッドは、その効率性、再利用性、低運用コストのおかげで、多くの分野で不可欠なろ過ツールとなっている。

1.液体からの金属汚染物質の除去

マグネットロッドの主な用途は、液体をろ過し、品質を低下させたり機器を損傷させたりする金属粒子を除去することです。

例えば、再循環の前に摩耗性の鉄粉を捕捉することで、オイルのような潤滑油や冷却水を浄化するために広く設置されています。これにより、流体の完全性が維持され、早期摩耗が防止され、機械の耐用年数が延びます。

チューブ磁石は、製薬、化学、食品・飲料、廃水処理プロセスにおいて、浮遊強金属物質を捕捉することで同様の役割を果たしている。

2.プラスチックとポリマーのろ過

プラスチック樹脂メーカーは、成形前にリサイクル材料から浮遊鉄粉を抽出するために磁石棒を利用している。これにより、最終的なプラスチック製品の品質が保証される。

また、プラスチッククラム、リグラインド、完成した成型部品のサンプルに含まれる鉄分を吸引することで、品質保証チームが効率的に品質チェックを実施するのにも役立ちます。

3.食品素材の浄化

製粉工場、香辛料加工工場、その他の食品工場では、コンベヤーに沿って磁気棒を設置することで、原料の流れから鉄系金属不純物を取り除きます。

定期的な磁気濾過は、製品の純度を守り、衛生基準を維持し、サプライチェーン全体の食品安全基準を満たします。

4.機密性の高い産業機器の保護

ベアリング、センサー、ノズル、その他の稼動部品に入り込み、機械にダメージを与えやすい研磨粉や研磨材を使用する産業もあります。

インレットとトランスファーポイントにマグネットロッドを取り付けることで、繊細なコンポーネントを金属の侵入から守ります。これにより、メンテナンスの必要性を大幅に削減し、予定外の設備停止を防ぎます。

5.伝統的なろ過の強化

従来のスクリーン・フィルターは、より大きな異物を捕捉することができるが、メッシュ全体に過剰に堆積すると、時間の経過とともに運転効率が低下する。

メカニカルフィルターの前にマグネットロッドを設置することで、すべての浮遊金属片を最初に捕捉することができます。これにより、フィルターの目詰まりを防ぎ、フィルターの性能を向上・延長させます。

6.定期的なメンテナンスの促進

機械設備にはフィルターがあり、定期メンテナンスとして洗浄または交換が必要である。修理のためにフィルターハウジングを開けるためには、生産を停止する必要がある。

外付けのマグネットロッドを使用することで、運転を停止することなく瞬時に浄化することができます。蓄積後は、ロッドをすばやく取り外して単独で洗浄し、再び取り付けることができます。フィルターハウジングの排出は不要です。

磁気棒を使用する主な利点

幅広い用途だけでなく、磁気ロッドをますます人気のある選択肢にしているのは、それが可能にする具体的なメリットである:

  • 再利用可能 - 基本的なクリーニングの後、繰り返しサービスを提供する
  • 費用対効果 - 極めて経済的なろ過ソリューション
  • 効率的 - あらゆるサイズの鉄汚染物質を捕捉
  • 簡単な取り付け - パイプラインに直接挿入
  • 低メンテナンス - セルフクリーニングによる継続的なサービス

このような利点から、磁気棒は今日、多くの商業用および工業用セットアップに不可欠な保護を提供する濾過の定番となっている。

要点

  • 磁気棒は、ステンレス鋼に包まれた強力な磁石を使用して、物質の流れから金属粒子を引き寄せてろ過する。
  • 主な用途は、鉄汚染物質を除去することによる液体や装置の保護、研磨剤による損傷や品質問題の防止など。
  • 主な利点は、再利用性、効率性、統合の容易さ、従来のフィルターに比べて低い運転コストである。
  • 製造業、食品加工業、化学品製造業などで採用が進むにつれ、磁気棒は不可欠なろ過ツールとなっている。

磁気ロッドの設置は、流体/材料の完全性を維持し、繊細な処理装置を金属の侵入から保護するための、信頼性が高く、費用対効果の高い方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

jaJapanese
トップに戻る

お問い合わせ

お問い合わせフォームデモ